読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

深く沈める。

覚書が事実となる現実に反抗してみるブログです。

Re:家計見直し隊

雑記

お金の計算ができないまま日々を過ごしていたら、ふと気づくと今月と来月のカード払いがえらいことになっていたので家計を見直してみる。

私の給料は色々控除されたりされなかったりする月があるので多少変動はあるが、今年度に関しては17万ちょいで推移するようなのでそれを元に計算することとなる。尚、住居手当3万円弱を含みこの金額である。確定拠出型年金が11000円引かれているとはいえこの金額である。そりゃ残業せずに帰るわ。

 

同居をしていた去年秋までであれば、

手取り17万円-共同生活費7万円=10万円を基礎とし、この10万円から、

個人年金、クレジットカード払い、貯金、奨学金返済等をしてトントンであった。つまり遊びほうけていたわけである。個人的に買うお菓子、交際費、ライブ費用等もここから出していた。水道代・ガス代・電気代・ネット代・家賃・食費・日用品など共同で使うものは共同生活費から出していた。余裕尺尺である。

さて同居を解消した現在、これがどうなったかというと、

収入の部 手取り 170,000
固定費の部 家賃 66,300
個人年金 12,000
PHS代金 3,000
wi-fi通信 4,000
固定費合計 85,300
貯金 20,000
残額(自由に出来るお金) 64,700

 となる。奨学金はむしゃくしゃして全額繰上したのでもう何もない。

この残額64,700円からクレジットカード代や生協利用料等をねん出しなければならないのをうっかり失念したまま半年が経過したわけだ。そりゃ金もなくなる。

そして増え行く限度額。定期預金を担保にしているため多少残高がマイナスになろうが痛くもかゆくもない。

それがそもそもの問題であった。 

 

さて、策を考えようではないか。

その1:クレジットカード支払いを清算する

大前提である。ぼんやりと利用可能額照会をしたら残額が3000円だった時の恐怖よ。

あと10万円くらい残っているのでリボ払いを駆使してwi-fi利用料と個人年金以外は再来月までに全て返済する。

wi-fi通信料と個人年金はクレジットカード払いなので、これはこのまま残すとする。そもそもwi-fiの方はクレカ払いでないと手数料が300円くらいかかるのだ。なんでだよ。

その2:固定費を完全に固定し、自由に使えるお金を明確にする

それはさておき、PHSはなんだかんだで使うのでプランを変更して口座振替にする。これで料金は変動することはないし、通帳で容易に確認ができる。

口座Aのクレカ明細からPHSの項目が消え、wi-fi利用料と個人年金のみまで落としたら、家賃を含む固定費と貯蓄額を口座A(メイン銀行)に全て移管する。

口座A
家賃 63300
PHS利用料 3,500
クレジットカード払い wi-fi利用料 4,000
個人年金 12,000

そして暫定残額を口座Bに全て下ろす。これで口座Bにある全財産が次の給料日までに使える全額となる。

手取り-固定費=お小遣い。なんという明快な方程式。

さてここで問題となるのが翌月支払いとなる生協利用料である。別に脱会してもいいのだがチケット関係に味を締めてしまった上、よくよく見れば缶詰や冷凍肉がかなり安く脱会に踏み切れない。

生協は毎週1回の配送日にその日届いた商品の明細と合計金額の内訳がくる。これを観ながら口座Bから口座Aへお金を移す。

その3:口座Bのクレジットカードを解約する

そもそもこれは共同生活を送っていた時に、通信料を払うためだけに作ったものであって余り使っていないのである。今回のように「利用可能残が…く…?」となった時にひっそり利用するくらいである。

なので正直もう必要ないのでばっさり切る。その代りデビットVisaを作る。口座Bは現在担保となる定期預金等がないので、確実に残高=使える額となるのだ。

 

これで様子を見よう

共同生活をし始めた時も、生活基盤を整えるまで半年くらいを要したので、また半年くらいかけて色々しなければならない。半年もすれば昇給がありボーナスがあり環境もいろいろ変わってくるのだが、まぁなんとかなるだろう。

たぶんな。