深く沈める。

覚書が事実となる現実に反抗してみるブログです。

【出展情報】尼崎文学だらけ(2017.08.27)

※イベント当日まではこの記事が一番上にきます。ご了承ください。

 

【会場】尼崎市中小企業センター

【日時】2017年8月27日(日)11:00~16:00

※開催要項の詳細は、尼崎文学だらけ公式サイトをご覧ください。

 

【スペースNo.】No.29(大衆文学のあたり)

【サークル名】GARBS. from 友引撲滅委員会

 

【頒布物】

THE CULT

(A6判/イベント頒布価格¥500-)

昨年11月に発行した加筆修正版です。

尼崎文学だらけにおいて「一押し頒布物」として登録しております。

あまぶん公式サイトでの試し読みはこちらから。

少し長めの試し読みをnoteで公開しています

【内容紹介】

”我々は少女を信仰する。ただし、決して恋慕を抱いてはいけない”
アルコール依存症に陥り、酒気帯びでホームから転落事故を起こした花崎は謹慎処分を受けるが、それを見かねた学生時代の友人:三江の紹介で「少女を信仰する」という、ある団体に入団する。そこに集っていたのは、ホームレスや、妻を失った老人たちだった。サークル活動のような感覚で行われる団体行事や自主的な飲み会などで、平和的に日々を過ごす団員達だったが、ある日、在籍最年長を誇る老人・米田が死体となって発見され……。
愛情の枯渇、孤独、そして依存。「少女」という偶像を軸に繰り広げられる劇場は、果たして真実か。フィクションか。
信じられるのは、あなたしかいない。

 

 

とりかご

(A5判/オンデマンド箔押し/イベント頒布価格¥400-)

昨年5月に発行したコピー本をオンデマンド印刷で再版しました。

あまぶん初売りとなります。念願の箔押しです。

ウェブサイトで大半を公開していましたが、現在はクローズしております。

近日中に再度公開する予定です。

【内容紹介】

独居老人と、それを取り巻く人々のオムニバス。
12編の掌編から成る掌編集です。
コンビニ店員、小学生、そしてその家族たち……。
「かご」に捕らわれた老人の、寂しくも暖かい物語。

 

 

Fetishism 異常性愛掌編集 ※残部僅少 ※再版予定あり

(A5判/オンデマンド/イベント頒布価格¥500-)

【内容紹介】

正常と異常の境目とは?

生理用品の匂いフェチ、樹木に情愛を感じる男、自分の四肢を切り落としたい女子大生…。
隠れてもっている「性癖」を、彼らはどのように愛し、「処理」しているのか?
そして、彼らをとりまく人々とは?
異常と正常の境目を見つめる掌編6編を収録。

 

 

 

関西荒野心中未遂 ※残部僅少 ※再版未定

(A5判/オンデマンド表紙フルカラー/イベント頒布価格¥500-)

2015年11月下旬に婚約破棄をするまで、そしてしてからの、地獄のような半年間にSNSやブログ等に書いた記事、手記、メモをまとめたものです。

巻末に、タイトルの由来にもなっている連歌「関西荒野心中未遂」を附録として収録しています。

 

 

深く沈める。

(A6判/オンデマンド/イベント頒布価格¥300-)

身辺雑記集。過去のブログからの再録+書下ろし。

島暮らしのイメージを払拭したいがために、島生まれの両親二人の心あたたまる残虐エピソードを詰めました。

私の生傷の話も多いです。

 

 

※アリエネーと思いますが、持ち込み分が完売したら撤収します。

 

当日はイベント後に、朗読会やあまぶんビアガーデン(おすしが食べられます)も開催されるようですので、朝から晩まで遊べると思います。

近隣の方、是非お越しください。

10年弱スマホを拒み続けた女がスマホを買った話。(前)

一部の方にはお知らせしたんですが、AppleWatchが欲しくてiPhoneSEを買ったのでその覚書です。

 

承前:WALKMAN Zシリーズがぶっ壊れる

ことの始まりは昨年、2012年に購入したWALKMAN Z-1000(Android搭載)の電源が壊れてしまったことだ。電源が入らなくなった。PCにつないでも認識せず、元々WALKMANでしか使っていなかったGoogleアカウントはしばらく封印され、そこに入っていた数千曲のデータもおじゃんになった。

元々WALKMAN Z-1000は純粋に音楽を聴くためだけに買ったものだ。当時欲しかった容量がZシリーズしかなかったのだ。別にLINEがやりたいとかゲームがやりたいとかも特になかった。むしろ「なんでこんなに音楽プレーヤーの起動が遅いんだWALKMANのくせに!Androidなんて搭載するからだろ!?」とキレていた。余談だが、やはりiPod Touchには勝てないと悟ったのか、数年後にWALKMANAndroidを搭載するのをやめた。

さて、WALKMANがぶっ壊れたあとも、ノートパソコンをメインで使っていたために特に困らず、そこから暫くWALKMANなし・DVDプレーヤーを使いTVでCDを聴くという現代人にあるまじき行動をとり続ける。着々とガラケー向けサイトが閉じていく中、パソコンがあるので全く困っていなかった。ぶっちゃけこの時点ではスマホではなくタブレットが欲しかった。

 

そんなある日、AppleWatchで休憩時間のお知らせ等をしてもらっているというツイートを見た。更に調べると、Felica搭載で電子マネーも使え、iPhoneと同期してワイヤレスイヤホンを使えば手ぶらで外出ができるという。

私は携帯を見る習慣がないので、アラームをつけていてもあまり役に立たない。紙の手帳に書かれた予定は空で言えるのに、アラームは見ないので携帯で設定した予定は忘れてしまう。そもそも私はケータイをマナーモードのまま放置している。携帯電話は携帯しないのである。スマートウォッチは振動と音でお知らせしてくれる。しかも時計なのでずっと手につけている。なんだ、勝ち組かよ。

また、もっと調べると、「AppleWatch」に脈拍などを記録してくれる機能があることを知った。パニック障害もちは頻脈との戦いだ。睡眠時間まで記録してくれる不眠症の味方でもある。しかもモバイルSuicaを入れれば交通機関の支払いもOKというではないか。ライブジャンキーと神経症持ちの血が騒ぐ。

 

「決めた。スマートウォッチ買う。」

 

↑要はこのためにiPhoneを買った。

 

■どのスマートウォッチを買うか決める

スマートウォッチありきで話が始まったので、まずは各種スマートウォッチの比較から入った。

 私が外せなかった機能は以下。

①時計版が見やすいこと

Felicaが搭載されている位置が使いやすい場所にあること

スマホと連動してメッセージを通知してくれる場合は、通知がわかりやすいこと

④価格は4万円前後

あとはメーカーとかなんですけどまぁそれは省きます。

 色々検索してみたんですけど、Felica搭載か否かで弾いていったら生き残ったのは以下しかなかった。

・AppleWatchSeries2(Apple

・wena wrist(SONY

少ない。映画館で液晶を切るのが面倒なので一瞬wena wristと迷いましたが、着信、メッセージ等の通知が見にくいので問答無用でAppleWatchになりました。あってないような選択肢である。

 

iPhoneを買った。

最初はパソコンでペアリングをしようと思ってたんですが、調べれば調べるほどiPhoneがないとお話にならないみたいな感じだった。ので、iPhoneを買うことにした。

ここで、iPhoneを買うまでの私の携帯電話ラインナップとパソコンとの棲み分けを書いておく。

ネット回線はポータブルタイプのWi-MAXです。引っ越し魔なので。

 

ノートパソコン:NEC Lavie(OS:Windows8.1)

・大体これで全部済ませるので、正直携帯電話を見ている時間よりパソコンを見ている時間の方が長い。

・ネットショッピング、ネットバンキング、他申請に使用。

 →鬱陶しいダイレクトメールは全部パソコンで受信するように設定(通知が来ず、送信者・件名でソート出来、管理が容易なため)。

 

docomoの携帯電話(2013年に買ったガラケー

・メイン機。主に電話用(仕事と簡単な友人との事務連絡)。実家名義。

・実家との電話、職場とのやりとりに使用。

docomoはどんな僻地でも大体電波が通るので旅行には欠かせない。友人にもまずはこれに掛けてくれと言っている。

 

ワイモバイル(本回線・2011年に買ったHONEY BEE BOX)

・知る人ぞ知る番号のワイモバイル。長電話用。私名義。

・私用で電話する時はこっちを使っている。

 

ワイモバイル(副回線・2011年に買ったHONEY BEE BOXについてきたHONEY BEE BOX

・ワイモバがWILLCOMだったころにキャンペーンで貰った副回線。

・以前は同居人に貸していたが、返してもらって以降は使ってない。

 

一人で自営業でもないのに3回線もガラケーを持っててもしょうがないので、旧WILLCOMの副回線を切って、ワイモバの本回線をiPhoneに。

ワイモバイルではSEと5しか扱ってないのですが、

・AppleWatchとのペアリングに使用することが目的

であり、

・通信機器としてではなく、音楽プレイヤーとして使用すること

も念頭におき、この二つの条件を満たし、スペックも圧倒的に優れているSEの128GBを購入。

 

なので、棲み分けは以下になりました。

ノートパソコン:NEC Lavie(OS:Windows8.1)

・ほぼこれまでどおり。

・鬱陶しいダイレクトメールは全部プロバイダのメールアドレスへ。

・ネットバンキング、ネットショッピング。

・原稿、ホームページの作成、管理。

SNSの運用。

docomoの携帯電話(2013年に買ったガラケー

・メイン機。主に電話用。仕事と事務連絡のみ。僻地旅行用。

ワイモバイル(iPhone

・音楽プレーヤー

・カメラ

・カード類の集約

・小さな用事の電話(スマホプランは1回10以内なら全キャリア・固定電話かけ放題)

 

使い始めて4日程度ですが、便利は便利ですね。ポイントカードが多いので、アプリがあればそれに連動させて、財布からカードを減らせたのが良かったです。

SEのサイズ感も鞄やポケットで主張してこず、電話もしやすいので気に入ってます。

初期設定は正直android端末の方が簡単でした。

音楽プレーヤーとしてはWALKMANの方が好きでした。向こうの方がシンプルです。

あと、yubitterの軽さに慣れた私はiPhonetwitterを見れませんでした……。情報量多すぎる……。iPhoneを買ってtwitterから離れる新人類……。

 

また棲み分けライフハックは、一週間くらい使った感想なんかと一緒に次回投げます。

 

■蛇足:料金について

料金なのですが、24回払い+開始月日割り、PHSからの乗り換えキャンペーンで(手数料無料+割引)、データは3GBのMプラン(期間限定で6GB)で月5500円弱です。

前述のとおり、1回10分以内の通話は全キャリア無料。

保障サービス(700円程度)に加入せず、Wi-MAXをお持ちで1GBのプランでもいい、という場合は4000円弱になると思います。他者と比較すると基本料金は圧倒的に安かったです。

パソコンとWi-MAXを持っていて、ライフツールとしてスマホが欲しい、と言う方はワイモバイルで十分な印象を受けました。

スカヨハ攻殻レビュー(Lite版)

ゴーストインザシェル見たよ。

友人に送った感想の推敲版です。

 

【おおまかなあらすじ】
押井攻殻人形使いパロディーで主人公:ミラの過去に迫るよ
↑これを頭においておけばなにが起きても乗りこえられる。

 

【私の予習】
・ご存知の通り、劇場版ARISE1~3以外はとりあえず見ている
・2nd GIGだけは総集編であった。
・こころの準備のためにインターネット上のレビューで0.5点/5点満点中のものを読み漁る。

・期待しない。

・期待しない。

・絶対に期待しない。

 

【設定について】
基本的に押井監督の「GHOST IN THE SHELL」に準拠。

≪相違点≫

・公安9課に個人名のある分析官のような医系技官のようなそういった研究者がついている。これがジュリエット・ビノシュです。そこに個人名が付与されている。結構重い役柄です。しかし、おまえは誰だ。
・そしてなぜか少佐以外に一人女が9課にいる。お前こそ誰だ。そして最後まで活躍しない。

・主人公の名前が素子じゃない。

≪私の感想≫

・同人誌でありそう。


【世界観】

こちらも「GHOST~」に準拠。

背景、BGMもほぼほぼオマージュ、パク……オマージュです。技術スタッフすごい。

 

【構成】
緩急は非常にゆるやか。起承転結とは何なのか。
そのため戦闘シーンとCGシーンのみが際立って見える。むしろそこしか頭に残らない。
文明の進化すばらしい。

 

【総評】
「ハリウッドが攻殻機動隊を作った」というよりは、「攻殻機動隊好きの技術者がたまたまハリウッドに終結しており、あらゆるコネを使って自主製作映画を作りました」という作品だと感じた。
小道具、街並みを形つくるCGの細かさ、大道具の再現性の高さなど、「攻殻機動隊」という作品に対する愛情は非常に感じられるが、あまりに「ここのシーンが好きだよ公安9課!」を詰め込みすぎて、「細かくて伝わらないハリウッド攻殻決定戦」みたいになっている。ぶっちゃけ話の流れなどどうでもよかった感がすさまじい。話などどうでもいい。俺はあの名シーンを実写で作りたかったんだ。そういうエンジニアの叫びが聞こえてきそうだ。
随所でアニメの名シーンを忠実に再現しているので、「攻殻めっちゃ見てます。全部見てます」という往年のフリーク(にわかの私含む)は「ここはアレだな!」とニヤっとする場面が多くあるので話がどんだけ中身なくても楽しめたのだが、話題になっているから見てみよう、という初見の人には全く向かない映画。
普通に押井のGHOST IN THE SHELLをそのまま実写にすればよかったのに。合掌。

個人的に、草薙素子、というのは私が理想とする大人の女性であり、私が社会人として働くうえ上で目標とする人物である。彼女は己を信じている。己の感性、己の向かう先を信じている。時に彼女は己の属する組織の運命すら投げ捨てて、自分の道を突き進む。草薙素子のその圧倒的な自身の根拠は、その強さである。肉体的、心理的な強さは、自分以外が男性である公安9課、果ては荒巻課長までをも統べる。そして何よりも素晴らしい点は、彼女は決して主観で行動しないということである。彼女の持つ洞察力と分析力と情報収集能力があってこそ、彼女の強さが引き立ち、そして、周囲の信頼へと結びつくのである。

その根底にあるのは、草薙素子が「外へ、外へ」という意識を常にもっているからだ、と私は勝手に思っているので、ラストのシーンは全く頂けなかった。まったくいただけなかった。

 

【蛇足】
ビートたけしだけが日本語でしゃべる。字幕で見るとビートたけしの時だけ英語で字幕が出る。違和感がSUGOI。

・カクテル 高めろ!

・日本語ができるスタッフを入れてくれ。

悪夢探偵

驚きの夢見の悪さでお送りしていたら早速遅刻した。この夢見の悪さを説明するのも気が引けるので、PMSとのダブルコンボで辛い(要約)と言ったら生理休暇を提案された。そういう問題ではないのである。

 

今日は私が一方的に好いている人と旅行に行った夢だ。そこまではいい。問題はそこからである。

よくわからないが鼻の皮のすぐ下に膿が溜まってしまった。ウォーターベッドのように溜まってしまった。わたしの鼻先には穴が開き、そこから鼻をかむたびにどろどろどろどろと膿が出ていくのである。気持ち悪かった。

 

夢占いのサイトによると、

 

旅行…主に今後の人生やー息つきたい気持などを表します。楽しく旅行する夢はヤル気やパワーに満ち、これから先の見通しが明るい兆し。しかし旅行中にトラブルが起きたり印象の悪い夢なら、将来に不安をもっていたり、今後困難な状況になる恐れがあります。

 

ということらしい。救いようがない。次に、鼻から膿が出る事象について。

 

鼻…優位な立場やワンランク上の暮らしや環境・周囲からのよい評価を望んでいるようです。向上心や野心に溢れ意欲的な良い状態である反面、見栄や自信過剰への注意を促している場合も。(中略)いずれも鼻に異常があるなど夢の印象が悪かったなら、自分の行動や周囲への接し方を見直してみましょう。

 

他人のふり見て我がふり直せということである。次、膿。

 

膿…ココロの中に漠然とした不安要素があるようです。何か気がかりなことがあるのかもしれません。また近く悩み事ができたり不運が訪れるかも...。

 

ぐうの音も出ない。何かしらフォローがほしかった。こうして私は遅刻したのである。

とてもねむい。

2017年 観た映画・読んだ本(覚えているだけ)・観劇・ライブ参戦メモ(2017.4.10up)

■ライブ

  1. 2017/01/08 企画ライブ(阿波座BigJack)
  2. 2017/01/09 CrossfaithなんばHatch
  3. 2017/01/14 チャラン・ポ・ランタン(梅田AKASO)
  4. 2017/01/19 MANNISH BOYS(ZeppNamba)
  5. 2017/02/14 TheBirthday/フラワーカンパニーズ(梅田クラブクアトロ
  6. 2017/03/25 八十八ヶ所巡礼(十三ファンダンゴ
  7. 2017/06/03 KING BROTHERS/BLONDEnewHALF
  8. 2017/06/** Syrup16g/凛として時雨なんばHatch
  9. 2017/06/10 八十八ヶ所巡礼/カッパマイナス
  10. 2017/07/08    平沢進(ZeppNamba)
  11. 2017/07/09 チャラン・ポ・ランタン大阪市中央公会堂
  12. 2017/07/13 大森靖子(BIG CAT)

--------------------------------------------------

≪予定≫

 

 

 

■観劇/アイスショー

2017/06/11 Fantasy on Ice(神戸)

2017/07/31    THE ICE(大阪)

 

■映画

  1. 聖の青春(岡山メルパ)
  2. 虐殺器官(TOHO鳳)
  3. ひるね姫~わたしのしらない物語~(TOHO鳳)
  4. 黒子のバスケ LAST GAME天王寺アポロシネマ)
  5. 彼らが本気で編むときは、(なんばパークスシネマ)
  6. 愚行録(なんばパークスシネマ)
  7. 真白の恋
  8. スプリングハズカム
  9. 寝たきり疾走ラモーンズ
  10. 無限の住人
  11. 3月のライオン 前編
  12. 3月のライオン 後編
  13. GHOST IN THE SHELL
  14. BLAME!
  15. ダブルミンツ
  16. 魔法科高校の劣等生
  17. 22年目の告白
  18. くちづけ
  19. ペコロスの母に会いに行く
  20. 夜空はいつでも最高密度の青色だ
  21. 名探偵コナン から紅の恋歌