読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

深く沈める。

覚書が事実となる現実に反抗してみるブログです。

【ネタバレ注意】SHERLOCK 忌まわしき花嫁 一回目鑑賞録

公開二日目でしたが「SHERLOCK 忌まわしき花嫁」観てきました。S3が正直微妙だったので(映像の技術スタッフが抜けたか何かで)、どうかな~と思ったんですが素晴らしかったです。尚、3枚前売り券を買ったのですが、一回目はレイトショー(¥1300)だったので現金払い、明日友人と2回目を観に行くのですが、TOHOシネマズデーで¥1400なのでこれも現金払いする予定なので、私は最低でも5回はSHERLOCKを観ることになります。至福だ。

 

えー、某船オタに無言の圧力をかけられているような気がするのでとりあえず書きますね。

 

以下ネタバレなので折ります。

 

とりあえず、療養アカとサブ垢に書いたのは、

ヴィクトリア時代ものと思わせながらS4への伏線をしっかりと張るモファットとゲイティス
②S2以来の視覚トリック復活(映像スタッフさん復活したのかな?)
③ミステリーというよりサスペンスというよりゴシックホラー調

④こうきたか!と唸る配役転換。現代版のオリジナルキャラを生かしながらも時代に合わせてくる設定差異。

すばらしかった!ネタ割れ版はブログでします。風呂入ったら一気に書きます。

 

の4点になります。今回はこの4つの点について書きます。

 

まず、ヴィクトリア時代ものと思わせながらS4への伏線をしっかりと張るモファットとゲイティスについて

今回の脚本は、マーク・ゲイティスとスティーブン・モファットでした。私はこの2人(特にモファット)が書いた回は漏れなく黄金回と勝手に呼んでいるのですが、それにふさわしい内容。

今回のスぺシャルがビクトリア時代の話というのは事前にキャッチしていたので、全編にわたりビクトリア時代の話かと思ったのです。でも、それは大いなる間違いでした。

劇中、ホームズがマインドパレスに入っている場面で、本家シャーロックホームズではお馴染みの薬物が登場します。するとどうでしょうか。S3E3の最終場面、シャーロックがマイクロフトによってどこかに亡命させされる、そのシーンへと転換します。

そしてシャーロックはこう言います。

「もう少しだ。もう少しでモリアーティが生き返ったかがわかる」

ビクトリア時代だったらどうやって解決していたか想像していた」

と。そして、数回の転換を経て、時代はビクトリア時代に戻ります。その時のホームズの台詞はこうです。

「未来だったらどのように推理していたか想像していた」

つまり、ビクトリア時代のホームズは現代版シャーロックの想像、現代版シャーロックはビクトリア時代のホームズの想像という、見事なパラレルワールドを形成しているのです。スペシャル版で本編とは関係ないという視聴者の先入観を打ち砕くと共に、S4におけるモリアーティへの挑戦を明示していると私は解釈しました。

これにより、視聴者はS4への期待度をより高くしたのではないでしょうか。この引き、ゲイティスとモファットでしかできないと思うんです。

 

次に、②S2以来の視覚トリック復活。

視覚トリックといえば、S2E1「ベルグレービアの醜聞」における、ベッドのシーンが私の中ではダントツなんですが、それを彷彿とさせる演出がいくつもありました。

話をするビクトリア時代のグレッグが花嫁の事件を語る時、その映像は回想だけではなく、221Bの部屋に現実として現れます。まるで、皆がそれを今想像している、と印象づけるような演出です。

 

3つ目と4つ目は一気にいきましょう。

③ミステリーというよりサスペンスというよりゴシックホラー調について

これはただ単なる感想なのですが、スペシャル版ならではの冒険といったところでしょうか。これは、本編冒頭の導入VTRでモファットが言っている「我々は現代版をビクトリア時代に昇華させた」という言葉に見ることができます。

このことについては、④こうきたか!と唸る配役転換。現代版のオリジナルキャラを生かしながらも時代に合わせてくる設定差異、に関しても見ることができます。

例えば、フーパーは現代版シャーロックのオリジナルキャラクターですが、スペシャル版では男装をした安置室の番として登場します。シャーロックがホームズと呼ばれ、ジョンがワトソンと呼ばれ、現代版ではスマートなマイクロフトが太って現れる、ここまで本来のシャーロックホームズに近づけているのにも関わらず、男尊女卑であったその時代背景に合わせてフーパーを登場させています。これは画期的なことです。これがアンダーソンだけであれば何の違和感もありません。また、わざわざ男役に変えず、男装をさせてフーパーを登場させたこと、これは当時の時代背景に合わせながら、結末への重要な伏線となっていました。これも素晴らしかったです。

 

一回目の鑑賞で気づいたことはこれくらいです。30分で殴り書きしたので誤字脱字は見つけ次第直します。では皆さま、楽しいシャーロックライフを!